社会人で友達がいないのはなぜ?できない要因や友達を作る方法を解説

社会人になり、会社と家の往復が続く中で新しい友達がいないという方もいるかと思います。
学生時代には友達に困らなかった人でも、社会人になって友達ができずに悩むというケースも多くあります。
そんな社会人が新たに友達を作る方法には、社会人サークルに参加するなどの選択肢があります。
この記事では、社会人で友達がいない人の特徴やその背景を解説し、社会人が新たに友達を作る方法について紹介していきます。

社会人で友達がいない人の特徴

社会人で友達がいない、新しく友達ができないという人によく見られる特徴は次の通りです。

1人でいることが好き

社会人で友達がいない人は、1人でいることが好きな人が多い傾向があります。
1人でいるのが好きな人は、自分の時間を大切にしており、1人で過ごす時間を楽しんでいるほか、自分の内面を深く掘り下げることができる傾向があります。
一方で、他者と積極的に関わらなくても生きていくことができ、孤独を感じにくいので、新しい交友関係を無理に作ろうとしないことが多いです。

他の人と予定を合わせづらい働き方をしている

夜勤やシフト制の仕事、自営業などで他の人と予定を合わせにくい働き方をしている場合、社会人同士で集まる機会が自然に減少して友達がいなくなっているというケースがあります。
このような働き方をしていると、他の人との時間を合わせることが難しいので、既存の交友関係が薄れるだけでなく新しい友達を作る機会が減ってしまいます。
不規則な働き方をしている場合は、似たような働き方の人と交友関係を深めるのも選択肢の1つです。

1人でできる趣味を持っている

1人でできる趣味を持っている場合は、新しい友達ができにくい傾向があります。
例えば、読書や映画鑑賞、料理や手芸、筋トレなどが挙げられます。
こうした趣味は1人で十分に楽しむことができるので、他の人と一緒に楽しむことがかえって難しく、新しい友達を作るきっかけを減らすことにつながります。
1人でできる趣味を持つのは良いことですが、複数人で楽しめる趣味を持っておくと新たな交友関係を築きやすくなります。

コミュニケーションが苦手

友達がいない社会人には、コミュニケーションが苦手だという人も多いです。
コミュニケーションが苦手な人は、人と話すことが苦手で自分から積極的に話しかけることができません。
また、人との接点を減らしてしまうことがあるため、友達を作る機会が少なくなってしまいます。
こうした人は、1人での参加を歓迎しているイベント等に参加すると友達を作りやすくなるでしょう。

休日に家で過ごすことが多い

仕事がある日は一生懸命働いて、休日くらいは家にいたいという方も多いかと思います。
家で休養を取ることは必要ですが、ずっと家にいるとそれだけ出会いの機会を失っていることにもなります。
そのため、休日に家で過ごすことが多い人は新たな友達ができにくい傾向があります。

社会人になると友達がいなくなる要因

「これまで普通に友達がいたけど社会人になって気づいたら友達がいなくなっていた」「社会人になってなかなか新しい友達ができない」という方もいるのではないでしょうか。
これには以下のような要因が考えられます。

仕事などによって空いている時間が減る

社会人は基本的に、昼間は働いていることが多く、まとまった時間を確保することが難しくなります。
そのため、予定を空けて日程を調整するといった段取りを踏まないと友人と遊ぶ機会がなかなか設けられなくなることが多いです。
また、新しく交友関係を築くためにはある程度の時間が必要ですが、その時間を確保できなければ友達を作ることは簡単ではありません。
知り合っても定期的に会うことができないと、友人関係を継続することは難しくなります。

家庭を優先する人が増えてくる

社会人として年齢を重ねると、結婚や出産などのライフイベントが訪れる人が多くなります。
家庭を持った人は家族や子供を優先させなければならない場面が多くなるので、友達と過ごすための時間が減少してしまいます。
双方の家庭の事情等で予定が合わないまま、古い友人との関係が薄れ、新しい交友関係を広げるのが難しくなっているケースが多いです。

新しい出会いに積極的ではない

社会人になると、学生時代のように、自然な形で新しい出会いが生まれることが少なくなります。
そのため、日々仕事や家庭に忙殺される中で、なかなか新しい出会いを築く時間を作ることができない場合があります。
次第に新しい出会いに対するモチベーションが薄れ、積極的に出会いを求めなくなってしまうことが多いです。

学生時代に比べてさまざまな種類の人と知り合う

学生時代は、同じ学校や同じクラスの人と一緒に過ごすことが多いため、ある程度似たような背景や価値観を持った人との出会いが多かったかと思います。
一方、社会人になるとさまざまな職業や年齢、国籍、文化などの違いがある人と知り合う機会が増えます。
自身と違う背景を持つ人を受け入れて交友関係を広げることに慣れていない場合、このような多様性がある環境に慣れるまで、友達を作ることが難しいことがあります。

社会人で友達を作る方法

社会人で友達を作る方法について解説します。

社会人サークルに参加する

社会人サークルとは、同じ趣味や関心を持った人たちが集まり、サークルでの活動を通じて、自然な形で交流を深めることができる団体です。
社会人サークルであれば土日や休日に開催されていることが多いなど、社会人が無理なく参加できるようにイベントが企画されていることが多いので、気軽に参加することができます。
社会人サークルには、会社での日常的な上下関係や人間関係から解放され、さまざまな年齢、職業などの属性を持つ人たちと関わることができるなど多くの魅力があります。

習い事や稽古を始める

習い事や稽古は、新しいスキルを身につけるだけでなく、新しい出会いを得ることもできます。
例えば、ヨガや料理教室やダンス教室などに参加することで、同じ趣味を持つ人たちと出会うことができます。
こうした習い事に定期的に参加することで、継続的な交流を築くことができます。

既存の交友関係を深める

友達と呼べる人がいない場合は、新しい交友関係を作るだけでなく、既存の交友関係を深めるという方法もあります。
社会人になると、学生時代の友人など既存の交友関係は定期的に連絡を取らなければ自然に消滅してしまうことが少なくありません。
しばらく会っていない過去の友人でも、環境が変わって再び会えば話が弾み、友情を深めるというケースも多くあります。

SNSから交友関係を広げる

スマホやSNSの普及が進んだ現代では、SNSを活用して新しい友達を作ることも十分に可能です。
例えば、FacebookやInstagramなどで趣味や興味を共有するグループに参加することで、同じ趣味を持つ人たちと出会うことができます。
SNSを通じて既存の友達から新しい友達を紹介してもらうこともあるでしょう。
SNS上での出会いから実際に会って親しくなることで、オフラインでのコミュニティを広げることができます。

社会人になって友達がいなくなったという方には社会人サークルがおすすめ

学生時代には友達がたくさんいたような人でも、社会人になると友達ができなくなるということがあります。
社会人で友達ができない要因は、仕事の忙しさや結婚、出産などのライフイベントによって家庭を優先する機会が多くなることなどが考えられます。
こうした状況になってしまった場合、社会人サークルに所属しイベントに参加するというのが1つの選択肢として挙げられます。
社会人サークルに参加することで、共通の趣味を持った人に出会いやすく、新たな交友関係を築きやすくなります。

社会人で交友関係を広げたい方は、ぜひロアフレンドが開催するイベントがおすすめです。
ロアフレンドではスポーツやアウトドアなどによる交流を通して出会いや友達づくりの場を多く提供しています。

ロアフレンドのイベントはスタッフが参加するので、困ったときや何かあったときにサポートしてもらえるため、安心してイベントを楽しむことができます。

1人での参加を歓迎しているイベントが多くあるので、一緒に参加する友達がいなくて不安だという方でも気楽に参加することができます。

さまざまなイベントがあるので以下のボタンからご自身にあったイベントを探してみてください。

LINE友達登録で最新イベント情報をゲット

ロアフレのLINE公式アカウントでは最新のイベント情報をお届けしています。
すぐに埋まってしまうイベントもあるので友達登録しておいて情報をゲットしましょう。

関連記事

オンラインより、リアルな出会いを。

楽しい!を共感できる仲間がいる。ロアフレンドで新しいコミュニティ探し。

Copyright © Roa Friend. All rights reserved.